本当は残酷なお金の話

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が見つかったならば、結婚生活を続けていいのかどうか決めかねますよね。それを避けるために、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、離婚してしまうのも一つの案です。

探偵に浮気調査をお願いして、歴然とした証拠が発見されれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。心から信用のできない人間とこの先の長い時間を一緒に過ごすことはかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。また、配偶者の不倫相手に慰謝料の支払いが課せられれば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。

浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても離婚の必要性については考えるべきでしょう。子供がいるご夫婦の場合は特に配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで簡単に「離婚!」とはいかないものです。養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。反対にそれが男性の場合でもまた同様で仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。

浮気の根拠を手にするには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。しかし、探偵に依頼するのは結構なお値段なので、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。探偵に浮気の調査を頼んだら、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ金額は異なりますので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。

浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。実費とは具体的には交通費や写真撮影にかかる費用などですが、調査の際の食費が上乗せされることもあるかもしれません。一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、計算した費用です。短時間で調査を完了すると支払い額も安くなります。

パートナーの浮気リサーチを調査員に行ってもらう場合、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかを契約を交わす前に取り決めます。
住宅ローン払えない
時間給の相場は1時間あたり1万円以上なので、調査にかかる時間が長いほど請求される調査費用も多額になります。調べる人の事務所により、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。