レイジ・アゲインスト・ザ・お金

調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発覚してしまった場合、離婚するか気づかないままにするのか心が乱れますよね。そうならないように、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、一度考えてみてはいかがでしょうか。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、離婚という別れを選択するのも一つの方法です。

探偵に浮気の調査を要請して、しっかりとした確証が得られれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。相手が信頼できなくなってしまったら死ぬまで一緒にいるとなると相当な心の重荷になりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。それと、原因となった不倫相手に慰謝料の請求をしておけば別れさせることも難しくはありません。

探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚しないままの方が良いこともあります。その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。反対にそれが男性の場合でもまた同様で簡単に仕事と両立することはできないでしょう。

浮気の裏付けをつかみ取るには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。そうはいっても、探偵に調査をお願いするのは費用がかさむので、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。探偵に浮気調査を頼んだとしたら、必要となるお金はどのくらいになるのでしょう?探偵事務所それぞれで金額は異なりますので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。

浮気調査に対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるようです。時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、費用を算出します。調査にかかる時間が短いほど請求金額も少ないです。

生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵にお願いする時、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を事前に話し合います。探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、浮気調査を行った期間が長期にわたれば請求される調査費用も多額になります。調査する人の所属するオフィスにより、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。
法テラス 大阪