生活とか言ってる人って何なの?死ぬの?

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚してしまった場合、別れるべきか否か決めかねますよね。まず頭を冷やして、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活を解消するのもいいでしょう。

探偵による浮気調査の結果、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。不信感を抱いてしまった相手と死ぬまで一緒にいるとなると精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。さらに、原因である不倫の相手に慰謝料を請求すると配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。

相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚しないままの方が良いこともあります。ご夫婦に子供がいる場合ですと特に浮気をした、されたといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、一人で育てていくのは容易ではありません。それは男性の場合であっても同様で仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。

浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査をしてもらうのが一番確実です。とはいえ、探偵への調査依頼は結構なお値段なので、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。探偵に浮気調査を頼んだとしたら、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所ごとにもお値段は違ってくるので、調査を依頼する前に見積もりを頼むべきです。

浮気調査に対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。実費は交通費、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるかもしれません。時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、計算した費用です。調査にかかる時間が短いほど費用も安くすむわけです。

夫婦関係にある人の浮気を調べるのを探偵に頼む時、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間を事前に話し合います。探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、調査にかかる時間が長いほど請求される調査費用も多額になります。探偵業者によって、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。
法テラス 福岡