怪奇!弁護男

浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが発見された時、離婚するかしないか決めかねますよね。まず頭を冷やして、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、一度考えてみてはいかがでしょうか。夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して離婚という別れを選択するのも一つの方法です。

探偵による浮気調査の結果、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。心から信用のできない人間とこの先の長い時間を一緒に過ごすことは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求すると二人が別れることは間違いないでしょう。

浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴むことができても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。子供がいらっしゃる場合だと特に、浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。同様に、父親が一人で育てる場合も仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう

浮気の確証を手に入れるには探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。ところが、探偵に頼むと費用がかさむので、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。探偵さんへの浮気調査の依頼には、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ価格はそれぞれ異なるので、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。

浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるようです。一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用を算出します。短時間で調査を完了すると支払い額も安くなります。
法テラス 奈良

生涯の伴侶の不適切な恋の調査を調査員に行ってもらう場合、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を前もって協議します。1時間で1万円以上もの費用がかかるので、浮気調査をした時間が長ければ長いほど支払う費用も高くなるのです。調査する人の所属するオフィスにより、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、口コミなども調べていったらいいと思います。