お金でわかる経済学

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が見つかったならば、離婚するかしないか選択に困りますよね。ひとまず冷静になって、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、あれこれ考えを巡らせておくべきです。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。

探偵に浮気の調査を要請して、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。不信感を抱いてしまった相手と人生を一緒に歩むのはそのストレスはかなりのものになりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。さらに、原因である不倫の相手に慰謝料の支払いが課せられれば二人が別れることは間違いないでしょう。

相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚しないままの方が良いこともあります。ご夫婦に子供がいる場合ですと特に浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、理由をつけて支払われないことも多いですから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。

浮気の証拠をとらえるためには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。とはいえ、探偵への調査依頼は費用がかさむので、誰でも容易に依頼することのできることではありません。探偵さんへの浮気調査の依頼には、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ価格はそれぞれ異なるので、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。

浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」です。実費は交通費、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査員の食事代が足されるケースもあるようです。
法テラス 愛知
そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、費用が算出されます。短い期間で浮気調査を終えると請求金額も少ないです。

結婚相手が不倫をしているかを調べるのを探偵に頼む時、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかをあらかじめ打ち合わせをしておきます。時間給の相場は1時間あたり1万円以上なので、調査が長期になれば請求される調査費用も多額になります。探偵事務所によっても、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。