スローライフからの視点で読み解く貧乏

調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発覚してしまった場合、結婚生活を維持するかどうか心が乱れますよね。それを避けるために、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して離婚という別れを選択するのも一つの方法です。

探偵に浮気の調査を要請して、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。不信感を抱いてしまった相手と一生共に生活することは相当な心の重荷になりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の請求をしておけば二人が別れることは間違いないでしょう。

相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚の必要性については考えるべきでしょう。特にお子さんがいらっしゃる場合、浮気をした、されたといって離婚などそう簡単にすることなどできません。養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、理由をつけて支払われないことも多いですから、一人で育てていくのは容易ではありません。反対にそれが男性の場合でもまた同様で簡単に仕事と両立することはできないでしょう。

浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。ところが、探偵に頼むと費用がかさむので、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。探偵へ浮気調査を頼んだら、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所ごとにも料金はまちまちなので、調査を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。

探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。実費としては調査の際にかかった交通費とかフイルムや現像料などをいいますが、調査員の食事代が足されるケースも少なくありません。時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、計算した費用です。浮気調査を行う期間が短ければ支払い額も安くなります。
法テラス 新潟

パートナーの浮気リサーチを探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、通常、調査をする人の数と調査にかける日数を契約を交わす前に取り決めます。1時間で1万円以上もの費用がかかるので、調査が長期になれば調査料金が高くなります。調査する人の所属するオフィスにより、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、口コミなども調べていったらいいと思います。